鍼灸(はりきゅう)治療は、さまざまな症状を改善することができます。 腰痛(ぎっくり腰・坐骨神経痛・ヘルニアなど)、腱鞘炎・ばね指、リウマチ、眩暈(めまい)、耳鳴り、難聴、突発性難聴、胃腸不良、頭痛、鼻炎、肩こり、五十肩 逆子、不妊症、冷え性、交通事故(むちうちなど)、スポーツによるケガ、自律神経失調症、うつ病、その他の症状でお悩みの方、どうぞご相談ください。

 
院長挨拶 治療内容・料金 地図・アクセス 初めての方へ リハビリヨガ
治療内容
 
 
症状別治療例

耳鳴り・難聴・突発性難聴・メニエル病・耳の閉塞感・ふらつき・めまい
  • 耳鳴りのする方、難聴の方は内臓(主に腎臓、肝臓など)が弱っている場合が多いため、お灸や鍼でその調整をしていきます。めまいやふらつき、耳の閉塞感、メニエル病(内耳迷路にリンパ液がたまっておきる病変)など併発している方も多い疾患です。

    ・食生活面から見た原因の1つとして、動物性蛋白の取り過ぎで腎臓のろ過機能が弱り、鼓膜細胞が蛋白系統で硬くなると振動音でキーンという音やボーという症状や、聞こえにくい症状が出ます。肉、卵、乳製品、魚介類などの動物性の多い方に耳鳴りが多いのはこのような原因があると考えられます。また、耳鳴りの音の原因には諸説あります。
    ・家系的に腎臓系統の弱い方もこのような症状が出やすい傾向にあります。
    ・ストレスのかかり過ぎで内臓が弱り、耳鳴りが出る方もいます。
    ・肝臓、腎臓などを損傷するような食生活、生活習慣があり、このような症状が出る方もいます。
    ・婦人科が悪く血の巡りが悪い方や、血が足りない方、更年期の方などもこのような症状が出やすい傾向にあります。
  • 背部〜腰部を遠赤外線で温め、血行を促進します。
    症状により、耳のつぼを電気鍼で刺激して行く場合もあります。
※この症状は出来るだけ早く鍼灸施術を受ける事をおすすめします。病院に通っているうちに症状が固定化してしまいどうにも出来ず、その後来院される方が多いですが、早い段階での鍼灸施術が最も効果的です。
 また、病院で症状の固定化の診断を受けた後でも鍼灸施術で改善される方がいるのも事実ですので、まずは施術を受けてみる事をおすすめ致します。
音響障害で音が響いたり、耳鳴りのする方は特に早めの受診をおすすめします。
耳鳴り・難聴
平均的な治療費: 3,350円
 
※治療費は税込です。


 いきなり耳が悪くなる事はなく、持って生まれた体質や食生活、生活習慣の積み重ねで耳鳴り、難聴体質が出来たわけですから、施術して直ぐ良くなる方もいれば、3カ月後、半年後、半年以後に聴力や耳鳴りが回復する方も実際の症例ではあります。もちろん、発症からなるべく早く施術を開始した方が良いに越したことはありません。たまに耳鳴りがあるとか、耳が詰まるような方は突発性難聴になる可能性がありますので、鍼灸施術で改善しておくと良いでしょう。
 鍼灸治療のツボとツボを結んだ経絡という道は、身体の内外と通じていますので、ツボの刺激はマッサージや整体、カイロなどでは届かない奥底の筋肉を緩めたり、体液の流れを正す効果があります。
古人の名治療家達は、耳を腎臓の外口とし、腎という根に対して苗や葉という位置づけをしています。つまり、耳の症状を見ればその内側の根っこである腎臓の状態が分かるわけです。
医学的に言うと腎臓は、
 ・体中の管状の全ての組織(血管、リンパ管、食道、耳管など)の液性代謝と収縮コントロール
 ・全ての体液の生成と代謝
 ・老廃物の除去
に関わっています。
 腎臓のツボの刺激はこれらの生理作用を正す効果があり、たとえ耳から遠く離れたツボでも耳に効果的な施術を付す事ができます。腎臓だけではなく、これに関わる内臓や個人の体質なども総合的に考え施術していきます。これらの生理作用が低下した為にコリや患部の血流障害、耳鳴り、難聴、耳の閉塞感、めまいという末端の症状が起こります。このように鍼灸施術は太極をとらえて局所を見ます。耳に限らず、人体の全ての組織は五臓の力(肝・心・脾・肺・腎臓の働き)により成立しています。鍼灸施術でメニエール病のめまい(他のめまいにも有効)や、耳鳴り難聴などが改善するのも、このような生理作用があるからです。
 また、首、肩、背中周りのコリだけを緩めて改善する耳鳴り難聴、めまいは、実際はそんなに多いケースではなく、根本的解決にもなっていません。もちろん施術でコリを緩める事はしますが、根底には根深い体質や精神疲労、内臓疲労、生活習慣などがあり単純ではありません。また、どんなコリにも肝臓機能の低下があります。上述したような腎臓機能もこの疾患には大切です。
 耳鳴り、難聴、めまいなどを始め、西洋医学だけでは改善が困難な症状は多くあります。それは、弱った内臓の働きと他の内臓との連動性で症状を見る観点が無い、薬では弱った内臓の働きを戻す事が出来ない、また、局所的で全体のバランスを整える治療が困難な為です。
 東洋医学の最大の特徴と真髄は五臓の働きを調和させ改善に導く所にあり、これが様々な症状を治癒に導く重要な要素となります。