札幌市中央区大通駅から
徒歩30秒の鍼灸院
−調和鍼灸治療院−


鍼灸の治療原理(経絡治療)
 ツボとツボを線で結んでいくと、手足から頭へと全身を伝う道が12本できます。これを経絡といって体内の臓器と連絡し、肢体の内外を連絡するパイプとなっています。
 そして、ツボの下にはいろいろな神経が集まっています。身体の調子が悪い時は血液循環や神経の伝達もおかしく、内蔵機能も低下しています。鍼や灸はツボを刺激することで身体の狂っていた調和を取り戻し、治癒する方向に向かわせます。
 皮膚は発生学的に脳や中枢神経系と同じ外胚葉から形成されています。皮膚に分布している感覚受容器からの刺激は脊髄、間脳を経て大脳皮質に至り認知されます。その一方で大脳辺縁系、視床、視床下部、脳下垂体へと刺激が伝わります。これらの部分は、情動や自律神経、内分泌系に影響を与える事が精神神経免疫学の発展により分かっています。皮膚のツボを刺激することは心と身体の両面に好ましい影響を与えることになります。私たちの先祖は何百年も前からこのような医療を確立していたのです。
 12本の経絡・・・肝、心、脾、肺、腎、胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦、心包の経絡

[全身調整治療(整体)]
[鍼治療]
[灸治療]
[痩身耳鍼(耳ツボダイエット)]
[鍼灸の適応疾患]

[1] トップページ
[2] 院長挨拶
[3] 治療内容
[4] 施術料金
[5] 症状別治療例
[6] 地図・アクセス
[7] よくある質問
[8] リハビリヨガ

[調和鍼灸治療院]
札幌市中央区南1条西1丁目2
松崎ビル2階
電話:011-802-8908 予約制