鍼灸(はりきゅう)・全身調整治療(整体)では、さまざまな症状を改善することができます。 腰痛(ぎっくり腰・坐骨神経痛・ヘルニアなど)、腱鞘炎、リウマチ、眩暈(めまい)、耳鳴り、難聴、突発性難聴、胃腸不良、頭痛、鼻炎、肩こり、五十肩 逆子、不妊症、冷え性、交通事故(むちうちなど)、スポーツによるケガ、自律神経失調症、うつ病、その他の症状でお悩みの方、どうぞご相談ください。

 
院長挨拶 治療内容・料金 地図・アクセス 初めての方へ リハビリヨガ
初めての方へ
鍼灸治療を初めて受ける方には様々な不安があるかと思います。
そこで、そのような方にも安心していただけるよう、ここではよくある質問にお答えしたいと思います。
わからないことや少しでも気になることがありましたら、お気軽に電話やメールでお問い合わせください。
室内写真
よくある質問
Q1.

Q2.

Q3.

Q4.

Q5.

Q6.

Q7.

Q8.

Q9.

 
Q1.
初回診察時には何が必要ですか?

A1.
保険適用の場合は保険証と印鑑(シャチハタ不可)、医師から頂いた同意書が必要です。

 
Q2.
治療時の服装について教えてください。

A2.
基本的には短パンとTシャツ、またはタンクトップになっていただきますが、施術部位により私服のままで治療する場合もあります。着替えは用意してありますが、ご自身で持参されても構いません。 持参される場合、上着は首、肩廻りの出るキャミソールのようなものが好ましいです。

 
Q3.
治療後はお風呂に入っても大丈夫ですか?

A3.
治療後から1時間ほど空けていただければ大丈夫です。ただし、症状によっては控えたほうが良い場合もありますので、その場合はこちらからアドバイスいたします。

 
Q4.
保険が適用されるのはどのような場合ですか?

A4.
神経痛、リウマチ、頸腕症候群、五十肩、腰痛症、頚椎捻挫後遺症、関節症に適応する疾患がある場合に適用されます。医師から頂いた同意書が必要になります。

 
Q5.
鍼は痛くないですか?

A5.
「鍼は痛い」というイメージがありますが、治療用の鍼は髪の毛ほどの細さしかありませんので、刺入時はほとんど何も感じません。

 
Q6.
鍼による感染の心配はありませんか?

A6.
オートクレープ(高圧蒸気滅菌器)による完全滅菌消毒ですので、感染の心配はありません。
使い捨てのディスポーサブル鍼も用意してあります。ディスポーサブル鍼使用の場合は、鍼の料金が別途(1本10円)かかります。

 
Q7.
灸は熱くないですか?

A7.
熱くないよう、心地良い温度に調整いたします。
やけどなどの心配もありませんのでご安心ください。

 
Q8.
鍼・灸はどんな病気に効きますか?

A8.
さまざまな病気に対して治療法がありますので、ホームページ内の鍼灸の適応疾患をご覧ください。

 
Q9.
保険診療と自由診療では施術内容に違いはありますか?

A9.
保険が適用出来る疾患に保険を適用させているだけで、施術内容、施術時間(40分程度)ともに特に変わりはありません。国家資格保持者でないと保険診療はできません。